会社概要│栗原精機

COMPANY

ご挨拶

代表取締役社長 栗原稔 栗原精機は、精密機械加工を主要業務とする会社です。昭和43年(1968)の創業以来、じつに多くの皆様からのご指導、ご鞭撻を賜ってまいりました。改めて深謝申し上げる次第です。

 ミリ単位、ミクロン単位の精密機械加工を主な仕事としております。これまでも数多くの精度を求められる医療用の精密部品やホビー関連製品およびカメラ部品などを数多く手掛けてまいりました。加工方法そのものに困難を窮める製造であっても、それに臆することなく社員が一丸となって製品作りに取り組んでいます。

 コンピュータ技術が日進月歩で進む現在、私達も約40年培ってきた「職人の技」でしか得ることのできない高い技術力との「融合」を推しすすめ、さらに高度な加工技術にも積極的に取り組んでいきたいと考えております。

 また他分野にも視野を広げ、さまざまなニーズにお応えすべく、それぞれの分野に強い専門知識、経験、技術をもっているベンチャー企業と連動し、さらに技術力の高い幅広いサービスで、顧客様にも満足のいく製品づくりに貢献できるものと考えております。

 つねに新しい技術、より高度な技術を追求し、達成し、そして提供する。その繰り返しが、栗原精機の生命活動です。そして、その技術力を最大限に発揮するためのハイテク環境の充実には、日々力を入れて取り組んでまいります。熟練の職人技術と、最新のコンピュータシステム導入による「融合」。それが、技術力を追求してきた結果の、今日の栗原精機です。

 これからも、柔軟な発想、フレキシブルな対応を心がけ、皆さまに喜ばれる仕事を続けてまいります。小さな製品を扱う「小さな会社、大きな技術の栗原精機」をこれからもよろしくお願いいたします。

事業理念

「柔軟な発想とフレキシブルな体制で、小回りの利く対応、きめ細かな仕事」。これがお客様にとって、私どものような会社とお付き合いいただくうえでの、最大のメリットではないかと考えます。多様化するニーズに応えるべく、さまざまなアイテムにも挑戦し続けます。

会社概要

社名 株式会社 栗原精機
役員 代表取締役社長
取締役専務
取締役常務
栗 原 稔
高 鳥 信 一
栗 原 功
所在地 埼玉県川口市峯68-1
電話番号 048-295-0287
FAX番号 048-296-7976
メールアドレス minoru@kurihara-seiki.co.jp
資本金 10,000千円
従業員数 14名

交通案内

草加駅西口から、新郷支所経由川口駅行き、もしくは鳩ヶ谷駅行きで、約10分、小山下車。
バス停から、徒歩約7分。
国際興業バスのWebサイトもご利用ください。

沿革

昭和43年 8月 埼玉県川口市赤山において栗原保男(現会長)が栗原精機製作所を設立。
カメラ用部品の製造を開始する。
昭和45年 7月 独自の専用機を開発し、電気配線結束用スパイラルチューブの加工を開始する。
昭和47年12月 埼玉県川口市峯に新工場を建設、移転。
昭和48年 4月 社名改正を行い、株式会社 栗原精機を設立。
昭和53年10月 工場を新設し、内視鏡用加工部品のアッセンブリを開始する。
昭和56年11月 有限会社 ケイアイエムを設立。栗原経子が社長に就任する。
昭和57年 2月 NC工作機械を導入する。 
昭和63年10月 新社屋完成。
平成元年 6月 ㈲ケイアイエムに企画開発設計部門を設け、開発設計の請負業務を開始する。
平成 2年 1月 NC複合旋盤を導入する。
平成 2年 4月 CADを導入する。
平成 3年 1月 5軸制御マシニングセンターを導入する。
平成 4年 1月 営業部門を設ける。
平成 4年 3月 ㈲ケイアイエム社長に栗原 稔が就任する。
平成 6年11月  3次元CAD/CAMを導入する。
平成 7年11月 資本金を1,000万円に増資する。
平成 8年 9月 ㈲ケイアイエムを統合し、業務を一本化する。
平成10年 5月 三次元画像測定器を導入する。
平成15年 5月 役員改選を行い、栗原保男が代表取締役会長に、栗原稔が代表取締役社長に就任
平成16年10月 機械設備を増強する。
平成21年9月 森精機・CNC旋盤NL2500を導入する。
平成22年8月 第二工場として、草加工場を新設する。
平成26年7月 森精機・横型マシニングセンターNHX4000を導入する。
平成28年 CNC画像測定システムNEXIVを導入する。
ページトップ